ベーシーMAHの日々散文
<< できたら | main | 12月スケジュール >>
シーズーの背中


​豚のようにぼってりと肥えたシーズーが
俺の目の前の人が座るための椅子に乗っかっていて
あんまり邪魔だったので、持ち上げて、下に降ろそうとした

地面の少し上で着地を促すようにそっと手を離すと
そのままぼてっとお尻から着地、もとい、落下
シーズーはこっちをチラッと見ると
痛そうに両足を引きずるようにしてあっちへ行ってしまった

周りは外国人ばかり
その中になじみのある女性一人
なじみのあるミュージシャン一人
三人でその後ろ姿を見送った





という夢を観た
今朝一度起きて、ストレッチしながら
ウトウトと二度寝に落ちていたほんの15分ほどの間にだ

普段は見た夢をまったく覚えていない
というより
いつもはまったく言葉で説明できないので
備忘録として書いてみた


※オチなし


MAH

 
| - | 11:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
いい夢!
| すや | 2013/12/09 11:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mah.greenmassive.com/trackback/1618225
トラックバック
MAH
Bassie
Kichijoji / Hamamatsu

>> mail
>> twitter
>> facebook
>> Instagram
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>